ページの先頭です。
ページの本文です。

市長ポスト(市立図書館の図書購入について)

受付日 平成29年(2017)
11月24日
回答日 平成29年(2017)
11月30日
担当課

出雲中央図書館 

 意見の内容

 
 市立図書館の図書を検索すると、文庫本、新書の貸し出しが多数見受けられます。おそらく市民からのリクエストがあり購入されたものをリクエストした人が借りていると思います。
 市民のリクエストに応えるのは分かりますし、図書館で購入してもらったものを借りて読めるのは市民にとってはありがたいことです。
 しかしながら、全国の公立図書館がそうすると本が買われず、出版社や書店の経営が立ち行かなくなります。公立図書館として、出版社や書店に配慮することも必要ではないでしょうか。
 このため、比較的安価な文庫本や新書は購入しないようにすべきではないかと思います。
 芥川賞・直木賞・本屋大賞を受けた作品の単行本の購入も発行から1年以後にした方がいいと考えます。
   

 回答の内容

 
 市立図書館では、市民の読書活動を支え、地域や市民に役立つ情報を提供する場として、社会情勢、話題性、地域性を考慮し、市民のニーズに応える図書を購入しています。
 小学生や中学生からご年配の方まで幅広く利用されている中で、文庫本でしか読めない図書や話題の新刊書を求める利用者の声も多くあります。
 したがって、文庫本や新書を購入しないということや受賞作品の単行本を発行から1年以後に購入することについては、市民の読書意欲を妨げ、市民サービスの後退になると思われ、実施する考えはありません。
 引き続き、市立図書館7館の蔵書構成を考え、市民のための図書館運営に努めてまいります。  
 

 


このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ