ページの先頭です。
ページの本文です。

市長ポスト(原発立地・周辺自治体向け補助金について)

受付日 平成29年(2017)
10月18日
回答日 平成29年(2017)
10月27日
担当課

防災安全課
産業政策課

 意見の内容


 原発立地自治体に限って支払われたきた国の補助金が平成29年度から、原発から半径30キロ圏内の周辺自治体にも拡大されました。
 これに伴い、本年度に補助金申請し雲南市が受ける見込みですが、本市及び安来市は申請されていないようです。
 国は補助金の対象拡大は再生可能エネルギーの普及に役立てる狙いがあるとしていますが、原発再稼動容認の流れを広げる意図があるのでは、との指摘も出ています。

1.本市は安来市とともに、この補助金を受けることなく、原発再稼動の是非についての議論を深め、市長の姿勢・考えを明確にすべきであると考えます。

2.市は来年度の当補助金交付申請を見送られますか。 

 

 回答の内容


1.原発再稼動の是非については、新規制基準に適合することは当然のこととして、立地自治体だけでなく、出雲市を含めた周辺自治体及び地元の意見を踏まえたうえで、国がエネルギー政策を考慮する中で総合的に判断すべきものと考えます。

2.平成30年度の当補助金の交付申請予定は、現在のところありません。
 

 


このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ