ページの先頭です。
ページの本文です。

市長ポスト(旧宍道邸の解体について)

受付日 平成29年(2017)
9月29日
回答日 平成29年(2017)
10月10日
担当課 市民活動支援課 
 意見の内容


 旧宍道邸跡地整備について3月24日に市民の方から庭木や外壁を残すべきとの意見が提出され、回答には「敷地を庭木の撤去等も含め更地化することは地元との協議のうえ決定をしている」と記されています。

 旧宍道邸は本格的な茶室と京風庭園に囲まれ、日本文化の香りを醸し出す景観と雰囲気を有した邸宅と評価し、青少年文化センターとして利用するため土地建物を約7千万円で取得されています。

 昨年10月30日の一般公開で和文化に関心のある県外の知人を案内して初めて訪れましたが、京風庭園の趣はなく、統一感のない洋風の応接間には驚きました。案内係の方から茶室の材料や施工上の細工等について詳しい説明を受けました。茶道に造詣のある方で茶室のすばらしさを訴えたいとの強い思いが感じられましたが、担当課では茶室等の処分に当たって残存価値を評価していないとのことです。

1.行財政改革の観点からも市有財産の処分に当たっては、茶室や庭木等で残存価値のある物件については、残存価格を評価し競売等により売却するなど適切な措置を講ずるべきです。

2.旧宍道邸は市民全体の利用に供するため取得されたはずであり、更地化については地元との協議だけでは不十分です。
 

 回答の内容
1.旧宍道邸の解体にあたっては、建物の部材等を含め、すべてを処分することとしています。
したがって、競売等による売却は行わないこととしています。

2.旧宍道邸の更地化については、地元住民のみなさまとの協議を踏まえ、市議会へ説明し、了承を得たうえで実施するものです。
 

 

このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ