ページの先頭です。
ページの本文です。

市長ポスト(グリーンステップの有効活用について)

受付日 平成29年(2017)
5月15日
回答日 平成29年(2017)
5月19日
担当課 建設企画課 
 意見の内容


 上塩冶町地内(通称グリーンステップ)に広大な造成地が完成します。
 当地は斐伊川放水路事業の関連で造成されているもので、近い将来県有地になるとお聞きしております。しかし現在活用の見通しがないと聞いておりますが、県の総合防災拠点を誘致してはどうでしょうか。
 県の総合防災拠点の機能としては、1.県の防災備蓄基地、2.県の防災ヘリコプターの基地、3.県のドクターヘリの基地、4.県警ヘリコプターの基地、5.地域住民の避難場所や見学施設等が考えられます。
 グリーンステップは県の中央部に位置し、市街地を見渡す高台にあり、石見地域や隠岐諸島にも比較的近く、原発からも30キロ近く離れており、大規模災害時県庁の機能移転先の出雲合同庁舎や浜山体育館などにも近いです。また島根大学病院や県立中央病院など県の高次医療機関も地域にあり、県の東部や西部、隠岐諸島からの患者搬送にも有利で、県の防災ヘリやドクターヘリでの運用も効率的、効果的だと思います。さらに放水路と神戸川の合流付近にはヘリポートを備えた防災展示施設が完成するなど、市や県の総合防災拠点になると思います。
 

 回答の内容

 
 ご承知のとおり、グリーンステップは、斐伊川放水路事業の残土処理のため、出雲市上塩冶町に整備されたもので、県の所有地となっています。
 グリーンステップのA谷、B谷(東側の平場)については、平成27年度から太陽光発電施設と展望広場として、既に利用されています。
 C谷(西側の平場)は、現在、県の河川事業を中心とした建設発生土を搬入しており、造成が完成するまでには、少し時間がかかると聞いています。
 市としては、グリーンステップC谷について、地域発展、将来の定住促進につながるような利活用が図られるように、県に働きかけを行っているところです。県としても、平成27年度から県のホームページ等により、利活用について周知がされています。
 ご提案のあった、総合防災拠点としての利用について、今後の検討項目に加えていただくように、県へ申し伝えたいと思います。
 

 

このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ