ページの先頭です。
ページの本文です。

市長ポスト(喫煙所の撤去について)

受付日 平成29年(2017)
3月13日
回答日 平成29年(2017)
3月16日
担当課 管財契約課、健康増進課 
 意見の内容

 
 総務省は自治体に対し、公共施設内及び敷地内の全面禁煙を指導しているという新聞記事があったように記憶していますが、なぜ、市庁舎に付随した喫煙所は撤去されないのでしょうか。今、政府では飲食店(受動喫煙)を対象に禁煙の機運が高まっています。受動喫煙と喫煙は意味は違いますが、どちらも健康に害があるのは同じことですから、飲食店に先駆けて指導的な立場である市は喫煙所を早急に撤去すべきと思います。
 広報いずもでは、喫煙は体に害があるから止めるよう広報しながら、一方で喫煙所を設置されているというのは全くもって矛盾していると思います。住民の健康を気遣われているのではあれば、喫煙所は撤去すべきと思いますので、ご検討ください。
 また、すでに全面禁煙になっている施設もあると思いますが、なっていない施設があれば検討が必要ではないかと思料しますが、あわせてご検討ください。
 

 回答の内容


 市役所本庁舎は、平成21年の完成当初は、各階(1階~5階)に喫煙室を設け、分煙による喫煙環境の整備をしたところですが、その後、平成22年2月の厚生労働省健康局長通知で「受動喫煙防止対策として、少なくとも官公庁施設等は、全面禁煙とすることが望ましい。」とされたことから、本市でも庁舎内全面禁煙へ移行することとし、庁舎内にあった喫煙室を段階的に閉鎖し、平成26年4月から庁舎内全面禁煙に完全移行したところです。
 その際、来庁者等の喫煙場所を屋外に確保するため、北側と南側の玄関付近に喫煙所を設けたところです。
 しかし、この喫煙所の場所については、出入り口に近くタバコの煙や臭いが気になるという課題があることから、平成28年末に北側の喫煙所は閉鎖し、庁舎から離れた東側の場所に新たに屋外喫煙所を設置し改善を図りました。
 今後も来庁される方に配慮した喫煙所の場所等について、受動喫煙防止の観点から検討してまいりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。
 公共施設の禁煙化につきましては、健康増進法施行以降進んできてはいますが、ご指摘のとおりまだまだ十分とは言えない状況です。
 引き続き、喫煙対策、受動喫煙対策を、関係機関と連携し実施していきたいと考えています。
 

 

このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ