ページの先頭です。
ページの本文です。

市長ポスト(東日本大震災後に寄せられた浄財について)

受付日 平成29年(2017)
3月14日
回答日 平成29年(2017)
3月28日
担当課 福祉推進課 
 意見の内容


 東日本大震災の発生、福島原発事故から6年が経過しました。
 その震災後、被災地の復興を願って、多くの募金が寄せられました。本市においても多くの市民が募金を寄せましたが、市役所においても募金受付所が設けられました。

1.寄せられた浄財はどこにどう行ったのでしょうか。その情報が発信されていません。ある時期、日本赤十字社に留まっていて、被災地、被災者に未だ届いていないという報道がありましたが、その後、何の報道もありません。市役所に寄せられた浄財はどこに届けられましたか。

2.日本赤十字社県支部かと思いますが、その先はどうなったのかを市は把握されているのでしょうか。浄財を寄せた市民にとって、それがどこに届けられたのか、被災者にきちんと届いたのかということが気がかりです。市として、把握されているところを示していただきたいと思います。

3.募金に協力した地方自治体として、募金結果を明らかにするよう、しかるべきところに求めていただくことが必要だと思います。
 

 回答の内容

 
 東日本大震災の発生以来、出雲市では日本赤十字社「東日本大震災義援金」の募集に協力し、多くの市民の皆さまから義援金が寄せられています。これまで出雲市役所に寄せられた義援金は累計3,300万円余りで、全額を日本赤十字社へ寄託しており、口座振込または日本赤十字社出雲市地区を通じて日本赤十字社島根県支部で集約されています。島根県支部に寄せられた義援金は、平成29年2月28日現在、16億4,000万円余りです。
 平成29年1月31日現在、全国の都道府県各支部から日本赤十字社本社へ集約された義援金は、約3,385億円です。中央共同募金会へ寄せられた義援金約416億円とあわせた約3,797億円が15都道県の義援金配分委員会へ送金され、そのうち約3,695億円が被災された方へ届けられています。
 日本赤十字社では、全国からの義援金の受付状況及び送金状況を一括してホームページで公開されています。また、被災された方への配付状況は、内閣府のホームページで公開されています。
 被災地復興、被災者支援のため、引き続きご支援、ご協力をいただきますようお願い申しあげます。
 

 

このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ