事業報告

4月から7月までの報告

笑顔いっぱい運動のすすめパートU

 昨年に続き今年も開催。前期講座は、7月3日(月)講師は3B体操公認指導士の奈良井文子さん。椅子に座り、ベルやベルトを使って楽しく運動しました。運動の後は、遙堪地区健康づくり推進員さんの森山千代美さんによる健康食の試食がありました。
       

 後期講座は、7月25日(火)に開催。大社支所の新田保健師による健康チェックの後、講師に健康運動指導士の山根千恵美さんにお越しいただき、家庭で簡単にできる体操を行いました。
 運動の後は遙堪地区健康づくり推進員の上野佐和子さんによる熱中症対策のお話がありました。
       

野菜作りを学ぶ

 6月22日(木)島根県立農林大学校へ野菜作りとお花の育て方についてお話を聴きに行きました。午後は石見銀山へ街並み散策と、世界遺産センターへ見学に行きました。
       

ENJOY自分育て 開講式&ボトルアクアリウム

 6月13日(火)ENJOY自分育ての開講式に合わせて、ボトルアクアリウム作りを行いました。講師は辻井要介さん。ミナミヌマエビを入れたボトルの中に小さな生態系を再現しました。
        

6泊7日通学宿泊体験

 遙堪コミセンの通学宿泊体験は、小学生がコミセンに一週間寝泊まりし、掃除洗濯・食事づくり等すべて自分達で行い、学校に通います。コミセンで集団生活を送る事で、自分で考え、行動します。
 今年は、6月4日(日)夜から6月10日(土)の午前中の一週間、遙堪小6年生6名の子供たちが参加しました。
 この体験を通して多くの苦労を知り、平素お世話になっている方への感謝の気持ちを育てる事が出来ました。
 金曜日は、親子反省会。子供たちの作ったハヤシライスを食べながら、感想を発表しました。
    
    

昭和の食卓 塩〜醤油

 5月24日(水)昭和の食卓前期講座。鵜鷺地区にある、鵜鷺げんきな会の安部勇さんを講師に藻塩づくりを行いました。昼食は藻塩を作った塩むすび。午後は平田木綿街道にある岡茂一郎商店の醤油蔵と來間生姜糖へ見学に行きました。
       

郷土の自然と植物ウオッチング 春の視察研修

 5月12日(金)郷土の自然と植物ウオッチングさんが、住雲寺、とっとり花回廊に春の視察研修に総勢20名で出かけました。
       

花を植えよう

 5月9日(火)出雲市環境保全連合会遙堪支部と共催で、コミセン講座、花いっぱい講座の皆さんと地区の方総勢25名でコミセンの館庭整備を行い、マリーゴールド、ペチュニアを植えました。
       

郷土の自然と植物ウオッチング 開講式&食草会

 4月12日(水) 遙堪コミセン講座、郷土の自然と植物ウオッチングの開講式が行われ、その後、山野草の食草会を行いました。今年度も賑やかなスタートとなりました。 
       

     事業報告トップ事業報告トップ        ホーム ホーム