ページの先頭です。
ページの本文です。

市長とふれあいトーク記録(平成25年12月20日)

 面会者の方々から、このようなご提案・ご意見をいただきました。

  現在、出雲大社の周辺のそば屋はどこも満員で、観光客がそば屋でそばを食べられないような状態。そこで、旧JR大社駅の活用方法として、駅舎の中で観光客にそばを食べてもらえるようにはできないか。
   駅舎の中で火を使うことができないのであれば、外に常設のテントを立てて、そこでいろいろな店のそばを食べられるようにして、店舗毎の味比べができるようにしたらいいと思う。
出雲市を活性化させる提言
1、出雲空港にスカイマーク就航を。
2、出雲市-岡山市と出雲市-広島市を結ぶ高速道路を。
3、伯備線のレールの幅を広げてミニ新幹線を走らせる。
4、山陰道湖陵-多伎間の早期開通を。
5、国道314号を国道431号線まで伸ばす。
6、北部の広域農道を国引き海岸道路へつなげる。
7、女子サッカーではなく男子サッカーを誘致する。
8、浜山球場を新しくする。
9、ツールド出雲や全国将棋大会など全国規模の大会を開催する。
10、出雲まつりは市外から人が来るまつりではないので、人が集まるまつりにできないか。
11、出雲市の駅通りに活気がない。イベントができるような大きいホテルやコンベンションセンターがあるといい。
12、企業誘致を積極的にすべきである。
13、雲南の人を松江市ではなく出雲市へ呼び込むような魅力ある町にする。
14、災害にあった人の受け入れを積極的に行い定住促進を図る。
15、出雲市の自衛隊の規模を大きくする。
16、出雲の宇那手にスマートインターチェンジを設置する。
17、セブンイレブンが進出しないか。
18、定住促進のためにもっと大きい住宅団地をつくる。

 

このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ