建設工事、建設関連業務における電子入札について

 

 

↓電子入札ポータルサイトへリンク

説明: dc_portal_bnr

 

 

 

 

1.はじめに

出雲市及び出雲市上下水道局は、平成21年度から、電子入札を導入しております。

電子入札とは、従来の紙による入札手続きを、インターネットを利用して電子的に行うもので、入札参加者は、自社に居ながらにして、指名通知書の受信や入札書の送信などを行うことができます。

また、入札公告や入札結果などの入札情報を、インターネットを利用して公開いたします。

 

2.電子入札の対象範囲について

  出雲市及び出雲市上下水道局が発注する、競争入札に付する建設工事、建設工事関連業務について、平成22年4月から、緊急やむを得ない場合等を除き、基本的に全ての案件を電子入札とします。(随意契約は除く。)

平成22 4 月以降、電子入札の設定(利用者登録)ができていない業者は、入札参加できません。また、指名競争入札にあっては、指名も行いません。(電子入札の案件に入札参加できない、指名しない点は、従来どおり)

 

3.工事費内訳書(積算内訳書)の取り扱いについて

入札に合わせ提出される工事費内訳(積算内訳書)については、その金額が入札金額と一致していることなどの条件がありますのでご確認ください。

条件を満たしていない工事費内訳書(積算内訳書)の場合、入札無効の取扱いとなりますので、ご留意ください。

 

4.利用者登録

  電子入札に参加するためには、島根県電子調達共同利用システムに利用者登録をする必要があります。

登録に必要な「登録番号」「商号又は名称」は、競争入札有資格名簿登録通知に合わせお知らせしております。

 

5.電子入札運用基準(建設工事、測量・建設コンサルタント業務)

 ○電子入札を行う際の、提出書類のファイル形式など運用基準を定めたものです。

  内容については、一部を除き島根県と同様としているため、今後必要に応じて見直しをすることがあります。

  出雲市電子入札運用基準(受注者用) (建設工事、測量・建設コンサルタント業務)平成2421日一部改正

○入札方式の表示についての留意点等

  入札情報サービスで表示される入札方式と電子入札システム内で表示される入札方式では一部表示が異なりますのでご注意ください。

  島根県ホームページ「電子入札システムの運用について」を参照

○入札フロー図

  島根県ホームページ電子入札システムの運用について」を参照

 

6.仕様書及び図面等の閲覧方法について

電子入札による入札案件の場合は、入札情報サビスへ仕様書及び図面等を掲載します。

電子入札以外の入札案件で指名競争入札の場合は、FAXでお送りする入札通知書に、仕様書等の閲覧方法を記載します。

 

7.再度入札について

第1回の入札において、予定価格の範囲内の入札がなく再度入札を行なう場合は、開札日当日の午後を標準に再度入札の締切時間を設定します。

なお、建設工事の場合で、同日に複数の開札があり、配置予定技術者が重なるような場合は、複数の候補者を準備されるなどの対応をご検討ください。(必ずしも、金額が高い入札案件の順番に落札決定とならないことがあります。)

 

8.落札された方は

  契約保証時に必要な「落札証明書」やその他書類については、落札決定日の午後以降に管財契約課又は水道営業課にてお渡しします。この際、電子調達システムから「落札決定通知書」を印刷のうえ持参してください。

 

9.準市内業者・市外業者の方へ(ICカードの名義人について)

  準市内業者(出雲市内には本社はないが、契約権限を委任する営業所が出雲市内にある業者)及び市外業者の方につきましては、出雲市の電子入札に必要なICカードの名義人は、基本的には本社代表者名義と考えますが特段定めません。(島根県の取り扱いと同様)

 

10.その他

  その他、電子入札に関することは、島根県ホーページ電子入札システムの運用について」をごらんください。

 

11.お問い合わせ

  出雲市役所    管財契約課 電話0853-21-6640 

  出雲市上下水道局 水道営業課 電話0853-21-3511

 


-お問い合わせ-
財政部 管財契約課
電話0853-21-6640
FAX0853-21-6566
メール送信kanzai@city.izumo.shimane.jp

トップページへ