ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 人生のできごとから探す > 育児 > 手当・助成 >障害基礎年金の子の加算の運用の見直しに伴う児童扶養手当支給について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 人生のできごとから探す > 育児 > ひとり親家庭支援 >障害基礎年金の子の加算の運用の見直しに伴う児童扶養手当支給について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 教育・子育て > 子育て > ひとり親家庭支援 >障害基礎年金の子の加算の運用の見直しに伴う児童扶養手当支給について

育児

障害基礎年金の子の加算の運用の見直しに伴う児童扶養手当支給について

 平成23年4月から『障害年金加算改善法』の施行により、障害基礎年金における子の加算の運用が見直されます。
 これまで、児童扶養手当については、児童が父または母に支給される公的年金の加算の対象になっているときには手当の支給はされませんでしたが、今回の法改正により児童扶養手当額が障害基礎年金の子加算額を上回る場合においては、児童扶養手当を受給することが可能となりました。ただし、児童1人につき、児童扶養手当と子の加算を両方受け取ることはできません。

 児童扶養手当を受給するためには手続きが必要になります。制度や手続きについては、下記までお問合せください。

※平成23年4月から児童扶養手当の受給を希望の方は3月中に手続きが必要です。
  ただし8月31日までに災害その他やむを得ない理由により認定請求できなかった場合は、この限りではありません。
 

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
子ども未来部 子ども政策課
電話番号:0853-21-6604
FAX番号:0853-21-6413
メールアドレス:kodomo@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ