市発注工事への単品スライド条項の適用の拡充について

 

最近の急激な物価変動に対応するため、出雲市公共工事請負契約約款第26条第5項の「単品スライド条項」を、下記のとおり適用の拡充をすることとしました。

 

1.対象となる資材

品目名

資材名

鋼材類

鉄筋用異形棒鋼、鋼矢板、H型鋼、ガードレール等

燃料油

軽油、ガソリン、重油、混合油等

コンクリート類

生コンクリート、セメント等

アスファルト混合物類

アスファルト合材、乳剤等

コンクリート製品類

積みブロック、ヒューム管、道路用側溝等

骨材類

砕石、割栗石、砂、土砂等

石油化学製品類

塩化ビニル製品、ポリエチレン製品、ゴム製支承材等

上記の品目、資材以外については個別に判断することとする。

 

2.適用日

平成201024日(以下「適用日」という。)

 

3.対象となる工事

(1)適用日以降に工期の末日を迎える工事

(2)適用日以降に新たに契約を締結する工事 

 

4.請負代金額の変更の考え方

受注者からの請負代金額の変更請求(協議)に基づき、単品スライド条項適用による請負代金額変更を行います。

変動額は、各品目で個別に算定し、それぞれ「請負代金額」の1%を超える分について請負金額が変更されます。

 

5.変更手続の流れ

請負代金額変更は、工期末に変更契約を行いますが、その際の手続きは以下のとおりです。

(1) 単品スライド条項適用による請負代金額変更協議書を発注者に提出(工事完成期日の2ヶ月前までに提出) <協議書参考様式

(2) 発注者が請負者から提出された証明資料等により、適用日以降の請負代金額変更額を算出

(3) 単品スライド条項適用による請負代金額変更がある場合は、変更契約を行う。

 

6.従前からの考え方との比較

運用

H20.6.19通知

今回通知

価格変動地域の捉え方

全国的な価格上昇に限定

全国的なものでなくとも、地域的な価格上昇でも可能

対象となる品目

鋼材類、燃料油

左記以外にも、工事の総価に大きな影響を及ぼすもの

品目の指定

市において指定

発注者・受注者間の個別協議に基づく

変動額算定ルール

工事請負額に対して1%以上の影響を与える品目の合計

増加額のうち、工事請負額の1%を超える額を発注者が負担

同左

 

7.問い合わせ先

受注工事の監督員へお願いします。 

  詳しくは、<島根県ホームページ>をご覧ください。

 


-お問い合わせ-
財政部 管財契約課
電話0853-21-6950
FAX0853-21-6566
メール送信kanzai@city.izumo.shimane.jp

トップページへ