ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 生活困窮・生活保護 >新型コロナウイルス感染症の影響に伴う休業や失業により生活にお困りの方へ(市独自支援策)【福祉推進課】

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う休業や失業により生活にお困りの方へ(市独自支援策)【福祉推進課】


1.生活資金支援給付金
 市内に居住し、新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業等により生活に困窮し、県社会福祉協議会から緊急小口資金または総合支援資金の特例貸付を受けている世帯に対して、給付金を支給します。
(すでに特例貸付を受けている世帯も対象となります。)

  緊急小口資金の特例貸付を受けている世帯 総合支援資金の特例貸付を受けている世帯
支給額  貸付額の1/2(5万円を上限) 貸付額の1/2
(5万円/月を上限に、最長3か月分)
申請書類
給付申請書(押印が必要)
社会福祉協議会の貸付資金決定通知書
振込口座がわかるもの(通帳の表紙および1ページ目)
同意書(市から社会福祉協議会等へ貸付の内容等を問い合わせることへの同意書)
申請先
出雲市役所 福祉推進課
(郵送の場合:〒693-8530 出雲市今市町70 出雲市役所 福祉推進課あて)
 
申請期限
貸付資金の決定通知書に記載されている通知日から2か月以内
(5月末までに貸付資金を受けられた方は、令和2年7月31日(金)まで)
 
支給時期
申請(郵送の場合は、到着後)から概ね2週間後に指定された口座に振込みます。
 
その他  なし
総合支援資金の特例貸付を受けた方は、貸付期間終了後に振込通知書またはそれに代わるものの提出が必要です。
 
 ※緊急小口資金、総合支援資金の両方の特例貸付を受けた世帯は、それぞれ申請が必要です。


2.住居確保困難者支援給付金
 市内に居住し、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、市から住居確保給付金の支給を受けている世帯に対して、給付金を支給します。

対象者
 
新型コロナウイルス感染症の感染拡大等の影響を受け、住居確保給付金の支給申請を令和2年7月31日まで行い、支給決定された世帯

支給額
 
3万円/月(最長3か月)
※住居確保給付金の受給要件を満たさなくなった場合は、その時点で、この給付金の受給資格はなくなります。

申請書類
 
給付申請書(押印が必要)
振込口座がわかるもの(通帳の表紙および1ページ目)

申請先
 
出雲市社会福祉協議会(住居確保給付金の申請時に合わせて申請書類を提出してください。)

支給時期
 
1回目は、住居確保給付金の支給決定から概ね1週間後
2回目以降は、住居確保給付金の継続確認をしたのち、概ね1週間後)

 

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
健康福祉部 福祉推進課
電話番号:0853‐21‐6962/0853‐21‐6691
FAX番号:0853‐21‐6598
メールアドレス:fukushi@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ