ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 市政情報 > 行財政改革 >公共施設の見直しについて

公共施設の見直しについて

公共施設の現状について

 出雲市は、平成17年、平成23年の2度の合併を経て、人口17万人、市域は東西約30km、南北約39km、総面積624.36㎢となりました。公共施設については、合併前の7市町が保有する施設をほぼそのまま引き継いだため、多くの公共施設を保有することになり、特に、スポーツ施設、文化施設、日帰り温浴施設など類似施設が数多くあります。 
 昭和30年代から40年代の高度経済成長期に建設された施設も多くあり、耐震性の確保などの課題を抱えるとともに、古いがゆえに維持管理経費が増加傾向にあります。さらに、これらの施設は老朽化による建替時期を迎えつつあり、全てを建替する場合には莫大なコストが必要となります。

公共施設の見直し(保有量・維持管理の適正化)の必要性

 出雲市では、15歳未満の人口が減少する一方で65歳以上の高齢者人口が増加する傾向にあります。そのため、将来の人口構成が大きく変わることを見据え、市民ニーズにあった公共施設を提供していくことが求められています。
 また、今後の財政運営では、普通交付税の合併特例措置の縮減による段階的な減額や、扶助費等の増加など厳しさを増す見込みです。
 公共施設は、従来から地域に根差し、活用されてきましたが、施設の老朽化や時代のニーズの変容により、利活用状況が変化してきており、施設を見直す大きな転換期に入っています。
 財政面で次世代に高負担を強いることがないよう、将来に向けた出雲市の施設のあり方を検証し、決断力とスピード感をもって見直しを行う必要があります。

 出雲市公共施設等総合管理計画
 公共施設等の保有量や大規模改修及び建替、更新の将来見通し等を分析し、公共施設等の保有量の適正化に向けた取り組みを推進するとともに、施設の効率的・効果的な維持管理と長寿命化を図るため、出雲市公共施設等総合管理計画を策定しました。

   
出雲市公共施設等総合管理計画(平成28年3月策定)

施設評価
 施設の最適化(あり方)の具体的な取組方針を検討する中で、第1次見直し対象として203施設を抽出し、施設の利用状況や収支状況を数値化し、施設分類ごとに「一般財源投入割合」、「利用者一人あたりの一般財源の所要額」、「築後の経過年数」、「今後の修繕費見込み」、「類似施設の設置状況」、「利用者数の推移」の6つの視点から評価を実施しました。

   
施設評価について(一覧表)

公共施設のあり方指針
 「今後の公共施設のあり方について(平成24年9月)」、「出雲市行財政改革大綱(平成26年4月)」、「施設評価」を踏まえ、個別施設の取組方針を定めた出雲市公共施設のあり方指針を策定しました。

   
出雲市公共施設のあり方指針(平成27年3月策定)

    ※参考
  
今後の公共施設のあり方について(平成24年9月)
        出雲市行財政改革大綱(平成26年4月)
          

公共施設の概要(現状)
 平成309月現在の施設概要は次のとおりです。


  ○施設概要一覧表
            1       市民文化系施設
            2       社会教育系施設
            3-1 スポーツ・レクリエーション系施設
            3-2 スポーツ・レクリエーション系施設
            4   産業振興施設
            5    子育て支援施設
            6    保健・福祉施設
            7    公園施設
            8    環境衛生施設
            9    その他施設

  
※施設の詳細については各施設所管課へお尋ねください。


 

このページの
お問い合せ先
総務部 行政改革課
電話番号:0853-21-6265
FAX番号:0853-21-6752
メールアドレス:gyoukaku@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ