ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > お知らせ > 記者発表資料等 > 報道提供資料 > 平成30年度 > 7月 >【報道提供資料】企画展「世界の甲虫展2018 ~名前から学ぶ甲虫たちのヒミツ~」の開催について

【報道提供資料】企画展「世界の甲虫展2018 ~名前から学ぶ甲虫たちのヒミツ~」の開催について

1.期間

 8月4日(土曜日)~8月19日(日曜日)9時30分から17時30分

2.場所

 出雲科学館(出雲市今市町1900-2)

3.目的

 昆虫の中でも多種類に及ぶ甲虫をテーマにすることで、普段はあまり見ることができない、日本及び世界の甲虫を間近に観察してもらうことにより、生物の多様性について子どもから大人まで広く圏域住民に知ってもらうことを目的とします。
 甲虫の特徴と名前の由来を関連付けて紹介し、実際に観察してもらうことで、より甲虫に対する関心を高めてもらいます。

4.概要

 「標本展示」「生体展示」「ジオラマ展示」「観察・学習展示」の4 つのゾーンで構成します。従来の展示でおこなってきた、甲虫の特徴のパネルやクイズ、昼や夜の森のジオラマ、樹脂封入標本の双眼実体顕微鏡(ファーブルミニ)や虫眼鏡を使用した観察学習、生きた甲虫の展示を基本とし、その中で今回のテーマである『名前の由来』と関連付けた甲虫の紹介を行います。

5.内容

1.標本展示ゾーン

 約2,000 点(500 種以上)の甲虫標本を展示します。

2.生体展示ゾーン

1.外国産生き虫の展示

    ヘラクレスオオカブトなど子どもたちに人気のある種や珍しい種など世界中の生きた甲虫を展示します。

2.生き虫ハウス

 開設期間 8月4日(土曜日)から19日(日曜日)
 受付時間 (1)10時00分から11時00分 (2)13時00分から14時00分 (3)15時00分から16時00分
 1回15人 各回5分
 ハウス内に国産カブトムシ、クワガタムシを放し、来場者に時間制で自由に虫に触れてもらいます。
 ※状況によって、期間を変更する可能性があります。

3.ジオラマ展示ゾーン

 甲虫の昼の様子や夜の様子をジオラマ作製し、展示します。

4.観察・学習展示

 虫めがねや顕微鏡での観察コーナーや図書コーナーを設置します。

5.写真撮影コーナー

 虫取りグッズを置き写真撮影できるコーナーや、出雲科学館が独自に作成した木製の大型甲虫オブジェと共に写真撮影できるコーナーを設けます。

6.料金

 入館料、観覧料いずれも無料

7.問合せ先

 出雲市教育委員会出雲科学館
 担当:呉羽、渡部
 電話:0853‐25‐1500
 内線:9651

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
総合政策部 広報情報課
電話番号:0853-21-8578
FAX番号:0853-21-6509
メールアドレス:kouhou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ