ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > いざという時に > お知らせ >C型肝炎特別措置法に基づく給付金請求の期限の延長について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > お役立ち情報 > 相談窓口 > その他相談 >C型肝炎特別措置法に基づく給付金請求の期限の延長について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 健康 >C型肝炎特別措置法に基づく給付金請求の期限の延長について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 健康・福祉 > 医療 >C型肝炎特別措置法に基づく給付金請求の期限の延長について

C型肝炎特別措置法に基づく給付金請求の期限の延長について


 1994年頃までに、出産や手術による大量出血などをされた際に、血液からつくられた医薬品(フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤)が使用されたことによって、C型肝炎ウイルスに感染された方へのお知らせです。

 このような場合、特定C型肝炎ウイルス感染者救済特別措置法(※)に基づき、国を相手とする裁判を提起し、裁判の中で以下の内容が確認できれば、国と和解した上で給付金を受け取ることができます。



(1)血液からつくられた医薬品(フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤)が使用されたこと
(2)その医薬品が使用されたことによって、C型肝炎ウイルスに感染したこと
(3)慢性肝炎などの症状があること

 給付金の支給を受けるためには、国を相手とする裁判を提起する必要がありますが、このたび、2017年年12月15日に特定C型肝炎ウイルス感染者救済特別措置法の一部が改正され、期限が2018年1月15日から2023年1月16日に延長されました

 このことに関する詳しい内容は、下記の厚生労働省の相談窓口、あるいは独立行政法人医薬品医療機器総合機構の窓口までお問合せください。

特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第9因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法


〈問い合わせ先〉
◎厚生労働省フィブリノゲン製剤等に関する相談窓口
フリーダイヤル 0120-509-002
受付時間 9:30~18:00(土・日・祝日・年末年始を除く)

〈裁判終了後の給付金の請求手続きの問い合わせ先〉
◎独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)
フリーダイヤル 0120-780-400
受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日・年末年始を除く)
このページの
お問い合せ先
出雲市役所 健康福祉部 健康増進課
電話番号:0853-21-6829
FAX番号:0853-21-6965

ページの先頭へ