ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > いざという時に > お知らせ >麻しん(はしか)に注意しましょう!

現在位置: トップページ > 市民のくらし > お知らせ > その他 >麻しん(はしか)に注意しましょう!

麻しん(はしか)に注意しましょう!

 平成30年4月以降、国内において「麻しん(はしか)」の患者数報告が増加しています。

 麻しん(はしか)とは
 麻しんウィルスの空気感染、飛沫感染、接触感染により感染し、感染力が強く、予防接種を受けないと多くの人がかかる感染症です。10日前後の潜伏期間を経て発症し、39~40℃の高熱や咳、鼻水など風邪のような症状が続いた後、全身に発疹が見られ、時には肺炎や脳炎などの合併症を併発し、重症例では死亡する場合があります。麻しんは重篤なウィルス感染症ですが、予防接種が感染を防ぐ有効な手段です。
   
 今後、国内・海外の旅行等により、人の移動が活発化する時期でありますので、注意が必要です。旅行の前後には、以下の2点にご注意ください。

 1.麻しんにかかったことが明らかでない場合、旅行前には、麻しんの予防接種履歴を母子手帳などで確認(※)し、
   2回接種していない場合は、予防接種を検討してください。
  (※麻しんの既往歴や、予防接種履歴が不明な場合は、かかりつけ医にご相談ください。)

 2.旅行後の2週間程度は、麻しん発症の可能性も考慮し、健康状態に注意してください。
 
 
麻しんについて(厚生労働省ホームページ) 

 ◆麻しんを疑う症状が現れた場合は、早めに医療機関を受診しましょう。受診の際には、事前に医療機関へ電話連絡をし、まん延防止のため指示に従って受診しましょう。
 

 予防接種について 

  麻しんは、予防接種が有効な予防法です。定期予防接種対象の方は確実に受けましょう。

  ◇定期予防接種(麻しん風しん混合)
  第1期:1歳~2歳の間に1回
  第2期:小学校就学前の1年の間に1回(5月末個別通知)

  ※定期接種対象でない方は、任意接種となり、接種費用は有料(全額自己負担)になります。医療機関によって、
   接種費用が異なりますので、事前にかかりつけ医にご相談ください。
  

   
このページの
お問い合せ先
出雲市役所 健康福祉部 健康増進課
電話番号:0853-21-6829
FAX番号:0853-21-6965

ページの先頭へ