ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > お知らせ > 募集中 >地域経済分析システム(RESAS:リーサス)活用研修会の開催について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 市政情報 > 地方創生総合戦略 >地域経済分析システム(RESAS:リーサス)活用研修会の開催について

現在位置: トップページ > 事業者向け > 企業支援 > 商工業 >地域経済分析システム(RESAS:リーサス)活用研修会の開催について

現在位置: トップページ > 事業者向け > 企業支援 > その他各種支援 >地域経済分析システム(RESAS:リーサス)活用研修会の開催について

地域経済分析システム(RESAS:リーサス)活用研修会の開催について

 地域経済分析システム(RESAS:リーサス)は、地域経済に関わる様々なビッグデータ(産業構造や人口動態、人の流れ)をわかりやすく「見える化(可視化)」し、データに基づく地方創生の取組を支援するため、国がインターネット上で公開しているシステムです。
 人口や経済等の現状把握や他地域との比較が容易にでき、地域づくりや企業活動などの場においても、広く活用できるものとなっています。

 職場や地域における課題の解決や活性化の取組にRESASを活用していただくため、市内の事業者等を対象に次のとおりRESAS活用研修会を開催します。皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

1.日時

  平成30年5月30日(水曜日)
   【午前の部】10時~12時
   【午後の部】13時30分~15時30分

          ※午前、午後とも研修内容は同じです。

2.会場

  出雲科学館 理科学習棟3階 多目的室(出雲市今市町1900-2)
  詳しくは、こちら(出雲科学館のホームページ)をご覧ください。

3.研修内容(スケジュール)

 
午前の部 午後の部 内容
10:00~10:30 13:30~14:00 地域未来投資促進法及び生産性向上特別措置法案に基づく支援措置の説明
10:30~12:00 14:00~15:30 RESASの概要説明、データ分析・活用事例の紹介、データ分析の演習

  ※研修をスムーズに受講するため、あらかじめRESASに触れ、操作体験されることをお勧めします。
  RESASへはこちら(RESASのトップページ)から移動できます。 

4.講師

  山陰合同銀行 地域振興部職員
  ※地域未来投資促進法等に基づく支援措置の説明は、出雲市職員が行います。 

5.定員

  各回とも先着40名
  ※演習用のパソコンを2人に1台準備します。ただし、自前のインターネット環境があるパソコンまたは
   タブレットを参加者自身でお持ちになっても構いません。

6.申し込み方法

  しまね電子申請サービスによりお申し込みください。
  参加申込みのページへ移動します。
  申込締切は5月25日(金)とします。ただし、申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。

★RESASについて

  
詳しくは、こちら(RESASのホームページ)をご覧ください。

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
総合政策部 政策企画課
電話番号:0853-21-6614
FAX番号:0853-21-6729
メールアドレス:seisaku@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ