ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > お知らせ > 募集中 >集落営林モデル事業の募集について

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 産業・雇用・労働・観光 > 農林水産業 >集落営林モデル事業の募集について

集落営林モデル事業の募集について

集落で新たに林業経営に取り組む団体を支援します!!

 山林所有者の高齢化、生活スタイルの変化により森林資源としての活用が減り、里山が荒廃し、森林の有する多面的な機能の発揮が難しくなってきています。
 こうした状況の中、集落により里山内の有効資源の活用を行う「集落営林」の取り組みに対して支援を行うことで、地域コミュニティビジネスの創出及び山村地域の活性化につなげていきます。

●交付対象者は?
   市内に住所を有し、3戸以上の構成員により新たに集落で林業の協業経営に取り組む組織(新規集落営林組織、既存の集落営農組織が新たに林業経営を行う場合等)とします。
   なお、3年以内にその集落内の森林資源を利用して行う林産物の生産・販売又は森林施業の受託事業等の取り組みを行う組織です。
(取り組みの例)
  (1)建築用材、パルプ・チップ用材等の素材生産・販売
  (2)集落内の森林資源を利用して行う原木しいたけ、木炭、花の木、サカキ等の生産・販売
  (3)造林、伐採等の受託事業
  (4)その他市長が認める事業
※集落営林とは?
   地縁的にまとまりのある一定地域内の3戸以上の山林所有者等が構成員となり、山林経営における作業の共同化、経理の共同化を行う組織形態

●対象とする経費は?
   新たに林業経営に取り組む際に必要な推進活動費(報償費、印刷製本費、消耗品費、委託料、使用料及び機械賃借料、資格取得の受講料等)及び施設・機械整備費とする。
 ただし、推進活動費のうち作業道整備を行う場合は幅員2m以上とし、2,000円/mを上限とします。


●補助率は?
   推進活動費10/10以内(ただし、消耗品は2/3以内、上限10万円)
   施設・機械整備費1/2以内

   上限の補助金額は50万円/年、事業実施期間は最長3年間です。

●事業の成果目標は?
   5年後の林業関係事業による収入額が概ね50万円以上

●達成状況報告等について
 事業実施後の5年間は、達成状況報告書を提出していただきます。なお、5年後の収入額が概ね50万円に達しない場合は、経営改善計画を策定し、達成に向けて引き続き取り組んでいただきます。達成ができない場合は、状況に応じて補助金の返還を求めます。

 また、補助事業の実施期間中(最長3年間)に林業関係事業を中止した場合には、当該事業により交付を受けた補助金の返還を求めます。なお、やむを得ない事情があると判断した場合は、除きます。

●提出書類について
  (1)林産物生産・販売計画等を示した事業実施計画書(別記様式3号)※別添様式参照
  (2)事業実施位置図

  (3)規約、定款の写し等  ※これから組織化をされる場合は案を提出してください。

  (4)住所、氏名等を記載した構成員名簿
  (5)対象経費の積算根拠資料(見積書等)
    (6) 
市税の滞納がない証明書(該当がある場合のみ)
  ※応募が多数の場合は、審査により事業者を選定します。

●募集期間について
 募集の締め切りは、平成30年5月23日(水)です。

●提出先・問い合わせ
 出雲市今市町70 出雲市役所5階 森林政策課  
   電話:0853-21-6996 FAX:0853-21-6592

☆☆まずはご相談ください☆☆



ダウンロード

このページの
お問い合せ先
農林水産部 森林政策課
電話番号:0853-21-6996
FAX番号:0853-21-6592
メールアドレス:shinrin@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ