活動報告

今年度の活動報告(8月・9月・10月)    

◆10月24日◆ ふれあいサロン

 気持ちよい秋晴れの中、「秋の大運動会」を開催しました。
 会員さんによる選手宣誓で始まり、ラジオ体操で体をほぐした後、玉入れ競争、おたまでピンポン回し競争、サロンスタッフによる借り物競争などいろんな競技で楽しみました。終始大笑いに包まれた大運動会になりました。
 運動会が終わると「創新銭太鼓 はいからさん」の皆さんに花傘踊りやの銭太鼓を披露していただきました。暖かい陽気の中、心地良い音と踊りをゆっくり観賞しました。

秋の大運動会①  秋の大運動会②   秋の大運動会③
 秋の大運動会④  秋の大運動会⑤  秋の大運動会⑥

◆10月20・21日◆ 第9回直江地区文化祭

 さわやかな秋晴れの中、2日間にわたり、直江コミュニティセンターを会場に『直江地区文化祭』を開催いたしました。今年の文化祭も、地域の皆様のご協力とご参加により、子どもから高齢の方まで多くの方々に楽しんでいただける会場を創りあげることができました。

 初日は、直江町獅子舞保存会の演舞から始まり、、中部幼稚園の演技、出農太鼓、斐川西中学校の合唱と吹奏楽、ハニー スパイス ミュージックと続きました。ステージ以外でも出張ふれあい動物園やふたば園のパンなど、子どもから大人まで幅広い年代に好評でした。

文化祭1日目①   文化祭1日目②  文化祭1日目③
 文化祭1日目④  文化祭1日目⑤  文化祭1日目⑥
 文化祭1日目⑦  文化祭1日目⑧  文化祭1日目⑨

 2日目は、出雲商業高校のマーチングから始まり、日本語教室のみなさまによる荒茅音頭、地域で活動されている皆さまによる、フォークダンスや民謡、わらべ唄、よさこいなどのステージ発表で盛り上がりました。

文化祭2日目⑩  文化祭2日目⑪   文化祭2日目⑫
 文化祭2日目⑬  文化祭2日目⑭  文化祭2日目⑮
 文化祭2日目⑯  文化祭2日目⑰  文化祭2日目⑱

◆10月15日◆ なおえ花いっぱい活動(2回目) 【環境福祉部自主企画事業】

 「花いっぱい活動」第2回目を行いました☆
 まず、JA職員さんに、花苗の栽培方法と寄せ植えの講習会をしていただきました。参加者さんからいろんな質問もあり、みなさん参考になることがたくさんあったようです。
 講習会が終わると、9cmポットで育った花苗をプランターや花壇、講演などに植え替える作業をしました。花の配置をみんなで考えて決めるなど、全員で協力しながら楽しく植えました。

なおえ花いっぱい活動1   なおえ花いっぱい活動2 なおえ花いっぱい活動3 
 なおえ花いっぱい活動4  なおえ花いっぱい活動5  なおえ花いっぱい活動6

◆10月9日◆ 中部小学校2年生さん町探検

 中部小学校2年生さんが、町探検学習のため来館されました。
 コミセンの仕事について説明を聞いたり、コミセン内を見学しながら、知ったことを懸命にノートに書いている姿にとても感心しました。
 コミセンに興味をもってもらい、これからいろんなイベントに参加してもらえるとうれしいです。

   町探検1 町探検2 

◆9月29日・10月6日◆土曜陶芸体験教室(2・3回目)【環境福祉部自主企画事業

 2回目の陶芸教室では、釉薬掛け、3回目の陶芸教室では作品の引き渡しを鑑賞会をしました。
 陶芸クラブの方にマンツーマンで教わり、自分が作りたい作品を作られ、世界でひとつの焼き物ができあがり、皆さんよろこんでおられました。
 また、釉薬の掛け方でできあがりの色合いに違いがあり、お互いの作品を鑑賞しあって交流を楽しみました。
 

 土曜陶芸体験教室(2回目)① 土曜陶芸体験(2回目)②   陶芸教室(3回目)

◆9月28日◆ 創作の料理教室   【女性部自主企画事業】

 「料理工房 創」の周藤明美さんを講師に迎え、創作の料理教室を開催しました。
 4グループに分かれ、きのこのホイル焼き・肉と野菜のピリ辛煮込み・揚げの包み揚げ・生姜とひじきの炊込みご飯など、いつもとはひと味違う、簡単にできる料理を教えてもらいました。出来あがると、皆さんとお話ししながら美味しくいただき、有意義な時間となりました。

創作の料理教室1   創作の料理教室2 創作の料理教室3 
 創作の料理教室4  創作の料理教室5  創作の料理教室6

◆9月27日◆ 人権研修   【直江地区人権・同和教育推進協議会】

 広島県福山市のホロコースト記念館と人権平和資料館へ視察研修に行きました。
 まず、ホロコースト記念館では、ナチスドイツ政権下でユダヤ人との理由で600万人の人の生命が奪われ、その中には150万人の幼い生命が含まれていたことなどのお話しを聞きました。また、アンネ・フランクの隠れ部屋の再現室を見学することができました。
 次に、人権平和資料館へ行き、部落の歴史と解放の歩みや福山空襲の実相について学ぶことが出来ました。
 人権は古くて新しい問題であり、日常の些細なことでも当事者には人権侵害になることがあります。この問題こそ、日頃から市民に地道に啓発活動をする必要があることを再認識しました。

 人権研修(ホロコースト) 人権研修(人権平和資料館)  人権研修 

◆9月26日◆ ふれあいサロン

 今月のふれあいサロンは、10月の直江地区文化祭に展示する『くす玉』を作りました。ボランティアスタッフに教わりながら皆さん真剣に作られ、素敵なくす玉が完成しました。
 完成後は、みんなでお月見団子を美味しく食べました。
 10月20・21日の直江地区文化祭で展示しますので、是非見に来てください。

ふれあいサロン1   ふれあいサロン2  ふれあいサロン3

◆9月21日◆ 直江ふるさと探訪   【文化部自主企画事業】

 荒神谷博物館の企画員 宍道年弘さんをお迎えし、”直江の古社を訪ねて!”「古代から中世、近世、現代への神社の変遷」と題してお話を伺いました。
 実際に皆様に周知されている(祭礼等で知っている)都牟自、金刀刀比羅、・八幡・大神(狼)、御井の各神社、そして今回のなおえマップ掲載の実巽、衹園、出雲の各社と直江の昔からの神社の由来等について詳しく聞くことができました。
 今後、さらに現地見学会などを企画し、より地元の皆様に知ってもらいたいと思います。

   直江ふるさと探訪1  

◆9月12・13・14日 斐川西中学校3年生 職場体験

 斐川西中学校3年生の2人が、直江コミセンで職場体験をしました。環境福祉部の自主企画事業「花いっぱい活動」に参加してもらったり、草刈りなどをしてもらいました。
 花いっぱい活動では、地域の皆さんと一緒に作業をし、積極的に動いてくれました。
 三日間お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。

   職場体験1 職場体験2 

◆9月13日◆ なおえ花いっぱい活動   【環境福祉部自主企画事業】

 環境福祉部の自主企画事業「なおえ花いっぱい活動」第1回目を行いました。
 土をポットに入れた後、ピオラ・デージーなど計4種類の小さな芽をポットに移植する作業を行いました。参加していただいた方々も手慣れたもので、作業はスムーズに進みました。

   まずはポットに土入れ  次は小さな芽をポットに移植
   ポットに移植2  仕上がり

◆9月12&13日◆ 斐川西中学校1年生斐川講座

 ふるさと学習の一環として、斐川講座が開かれ、斐川西中学校1年生14名の参加がありました。斐川講座では、直江一式飾り保存会のみなさんと一緒に一式飾りを作成し、世代を超えた交流ができました。
 今年の題名は、「金太郎さん」です。コミセン玄関に飾ってありますので、来館の際には是非ご覧ください。

 斐川講座1 斐川講座2  斐川講座3 

◆9月8日◆ 土曜陶芸体験教室(1回目)   【環境福祉部自主企画事業】

 土曜日に3回シリーズで陶芸体験教室を開催しました。
 今回の第1回目では、直江陶芸クラブの皆さんから指導を受けながら、お皿や一輪挿しなど自分の作りたいものを自由に成形されていました。
 どんな作品ができあがるか楽しみです☆

   陶芸体験教室1  陶芸体験教室2
   陶芸体験教室3  陶芸体験教室4

◆8月29日◆ 直江まち講演会

 株式会社 出雲村田製作所 取締役事業所長 益田喬様をお迎えし、「出雲村田製作所の事業内容と地域とのつながり」と題してご講演いただきました。
 出雲村田製作所は、セラミックコンデンサ生産で世界NO1の企業です。
 また、約2,000人の日系ブラジル人が働く企業でもあり、多文化社会を目指して「お互いを理解する」「言葉の壁」「文化の壁」「心の壁」を取り去る取り組みをされています。
 地域とのつながりについては、「そこにムラタがあることが地域の喜びであるように」という理念をもとに、桜や椿の一般公開や近隣小学校への出前講座、会社周辺の清掃活動など実施されており、会社の基本理念を表すように地域とのつながりをとても大切にされいることが分かりました。

   講演会1  講演会2
   講演会3  講演会4

◆8月22日◆ ふれあいサロン

 今月は佐野あつ子さんによる脳と体の運動をしました。佐野さんの明るく楽しいお話しや体操に、サロン会員は大笑い!会場は終始笑いに包まれました。普段使わない筋肉を使ったり、脳トレ運動をして、みなさんスッキリされた様子でした。

  体操1  体操2  

◆8月18日◆ コミセン運営委員・事業委員合同研修会

 今回の合同視察研修では、香川県の金刀比羅宮へ行きました。本宮では権宮司の琴陵泰裕様自らご挨拶、ご説明をいただいた上、多くの神職の皆様にお出かけいただき、お話をお聞きすることができました。また、金刀比羅宮本宮における出雲分社の役割などもお聞きすることができ、とても有意義な研修をなりました。

本宮 正式参拝1  本宮 正式参拝2   本宮からの景色
 集合写真  参道  書院

◆8月8・10日◆ 夏休みなおえ子ども教室「陶芸教室」(2回目・3回目)

 2回目は色付け・薬掛け(釉薬掛け)の作業を行いました。いろんな形のお皿やカップたちが出来あがりつつあります。塗った色が窯で焼かれて、どんな色に変身して自分の元に帰ってくるか、楽しみです!

陶芸教室2回目①   陶芸教室2回目② 陶芸教室2回目③ 

 3回目は、完成した作品を渡す日です。出来上がった作品はどれも素敵なものばかりでした。直江陶芸クラブの皆さんから作品を手渡され、子どもたちは大切も持ち帰りました。
窯出し   出来あがり作品 集合写真 

◆8月6日◆ 夏休み子ども日帰りキャンプ (共催:青少年育成協議会・ピノキオの会)

 毎年恒例の日帰りキャンプを行いました。
 今年は58人の子どもが参加し、東白寺での座禅体験からスタートしました。その後、宍道ふるさと森林公園へ移動し、かき氷を食べてから飯ごう炊飯をしました。カレーライスを美味しく食べた後は、自然の中でペットボトル飛ばしや紙ジャイロ飛ばし、シャボン玉などたくさんの遊びをしました。
 暑い中でしたが、みんな元気に楽しく過ごし、夏休みの良い体験になりました。

 東白寺で座禅1  坐禅2  かき氷1
 かき氷2  飯ごう炊飯1  飯ごう炊飯2
 カレーライス  シャボン玉遊び  ペットボトルとばし
  最後は集合写真  

◆8月2日◆ 夏休みなおえ子ども教室 「おりがみ教室」

 「直江折り紙の会」の皆さんを講師に迎え、子どものおりがみ教室を行いました。
 低学年、中学年、高学年に分かれ、それぞれ違う作品を作りました。
 子どもたちは真剣な表をして丁寧に折っていました。折り方が分からないと積極的に講師の先生に折り方を聞いている様子も見られました。一人ひとりが素敵な作品を仕上げていました。

おりがみ教室1   おりがみ教室2  おりがみ教室3

◆8月1日◆ 夏休みなおえ子ども教室 「絵手紙教室」

 絵手紙教室では、直江絵手紙の会の皆さんと一緒に、身近にある物を題材にして、オリジナル作品を作成しました。
 絵の具と水の調合により、素材の色の濃い・薄い部分をうまい具合に表現されていました。
 絵手紙には、一文を添えて〃〃...。贈った方に、みんなの想いが届きますように♪☆!

絵手紙教室1  絵手紙教室2  絵手紙教室3