ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 産業・雇用・労働・観光 > 農林水産業 >平成30年度 森林・山村多面的機能発揮対策事業の2次募集について【森林政策課】

平成30年度 森林・山村多面的機能発揮対策事業の2次募集について【森林政策課】

 平成30年度 『森林・山村多面的機能発揮対策事業』に取り組む活動組織を募集します。

 事業の詳細や申請の手続きにつきましては、市役所森林政策課へお問い合わせください。

事業内容               

 地域住民が中心となった民間活動組織が実施する、地域の森林の保全管理等の取り組みに対し、一定の費用を支援します。

 なお、事業採択にあたっては、島根森林活用地域協議会が募集する期間に、活動計画書などを市を経由して提出し、地域協議会の審査を受ける必要があります。


 ア.地域環境保全タイプ
  ・集落周辺の里山林を維持するための景観保全・整備活動、集落周辺での鳥獣被害の防止活動、風倒木や枯損木の除去、集積、処理(助成単価:16万円/ha)
  ・侵入竹の伐採・除去活動や利用に向けた取り組み(助成単価:38万円/ha)

 イ.森林資源利用タイプ
  ・里山林の広葉樹等未利用資源を収集し、木質バイオマス、炭焼き、しいたけ原木等として利用する活動や伝統工芸品の原料として活用(助成単価:16万円/ha)

 ウ.森林機能強化タイプ ※上記ア、イと組み合わせて実施可能
  ・歩道や作業等の作設・改修、鳥獣害防止柵の設置・補修や、それに伴う森林調査・見回り(助成単価:1千円/m)

 エ.教育・研修活動タイプ ※上記ア、イと組み合わせて実施可能
 ・地域の森林における森林環境教育や森林レクリエーション活動の実践等(助成単価:5万円/回 ※上限12回)

 オ.資機材・施設の整備
  ・上記ア及びイの実施のために必要な機材、資材及び施設の整備(必要額の2分の1)
 

 その他に活動推進費(助成単価:初年度のみ 15万円)が支援の対象となります。
 ※1組織当たり上限500万円/年

対象活動組織             

 森林所有者、地域住民、自治会等の地域の実情に応じた、3名以上の者で構成した組織。また、自治会、NPO法人、森林組合等が単独で実施することも可能。
 
なお、活動組織としての規約の作成や区分経理が必要です。

対象森林               

 森林経営計画が策定されていない森林で、活動組織と森林所有者とで利用協定を締結している森林

受付期限             

 平成30年6月22日(金)
 
※事業の詳しい内容や、申請の手続きにつきましては市役所森林政策課(21-6996)へお問い合わせください。

リンク

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
農林水産部 森林政策課
電話番号:0853-21-6996
FAX番号:0853-21-6592
メールアドレス:shinrin@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ