センター概要・沿革

センター所在地

〒699-0621 島根県出雲市斐川町富村748番地
              電話  0853−72−1311 
              FAX   0853−72−1322
              E-mail: iwano-cc@local.city.izumo.shimane.jp

沿革

 昭和27年7月 伊波野公民館の設立、伊波野小学校南北校舎の2室を使用
 昭和30年8月 伊波野村役場(合併により伊波野支所)に移転
 昭和47年3月 伊波野公民館報第1号の発行 
 昭和52年8月 第1回文化祭の開催 
 昭和55年9月 伊波野公民館建設期成同盟会の結成 
 昭和59年3月 伊波野公民館の竣工 
 平成5年11月 伊波野公民館建設10周年記念式典の挙行 
 平成10年12月 伊波野公民館報50号の発行 
 平成11年3月 伊波野公民館敷地の拡張
 平成12年5月 憩いの部屋の増築 
 平成14年9月 伊波野公民館設立50周年式典の挙行 
 平成17年6月 事務室にパソコン、プリンターの設置 
 平成20年3月 集会室にピアノの設置 
 平成23年3月 リサイクルステーション(西)物置の新設 
 平成23年10月 斐川町と出雲市の合併 
 平成24年10月 伊波野自治協会の設立
伊波野公民館の館内改修工事の完了 
 平成25年4月 出雲市伊波野コミュニティセンターに改称
伊波野コミュニティセンター新組織の構成、新専門部事業の開始
職員の常勤4人体制
伊波野地区災害対策本部の設立、環境保全連合会伊波野支部の設立
伊波野地区青少年ネットワークの設立 
 平成29年4月  職員の常勤5人体制
 伊波野地区は、出雲市斐川町の西部に位置し、半円を描いて宍道湖に注ぐ斐伊川に接している。南東部には小高い丘陵地があるが、地区の大部分は斐伊川の堆積作用によって形成された平坦な田畑が広がっている。
 かつては、米作を中心とした純農村地帯であったが、近年国道9号線沿いに大型スーパーマーケットやガソリンスタンド、コンビニエンスストア、小売店などが数多く建てられた。
 また、平成19年には、山陰自動車道にアクセスする道路や国道9号線のバイパス道路が開通し、道路網が整備された。宅地化も進み、住宅やマンション、アパートなどが多く新築され、幼稚園や小学校、中学校も近いことなどから、今後の発展の可能性が非常に高い地区である。

アクセスマップ



大きな地図で見る