ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > いざという時に > 防災マップ >出雲市防災ハザードマップ

現在位置: トップページ > 市民のくらし > お知らせ > 各課からのお知らせ >出雲市防災ハザードマップ

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 交通・安全・防災 > 防災 >出雲市防災ハザードマップ

出雲市防災ハザードマップ

●防災ハザードマップの誤表示のお詫びと訂正

平成28年3月下旬に斐川地域にお住いの皆様にお配りした『出雲市防災ハザードマップ 斐川』の一部に誤表示がありましたので、お詫びいたしますとともに以下のとおり訂正させていただきます。

●訂正箇所:出雲市避難所の『荘原幼稚園』の位置


修正後のハザードマップのダウンロードはこちらから

防災ハザードマップとは

 防災ハザードマップは、みなさんがお住まいの地域において、洪水によってどこがどの程度浸水するおそれがあるか、どこが土砂災害の発生するおそれがあるか、また、どこが津波によって浸水するおそれがあるかなどを示したものです。マップには、あわせて避難所開設予定施設の位置を記載していますので、平常時から、自宅から避難所までの経路を確認するなど、みなさんの避難行動に役立ててください。
 この防災ハザードマップが災害時における自助、そして共助に資することを願い、日頃から洪水、土砂災害等に対する備えをしていただくとともに、万一の際は、あわてず落ち着いて避難できるよう、家庭や地域、職場などでご活用ください。
ダウンロードはこちらから  

防災ハザードマップに記載されている内容

1.斐伊川・神戸川の浸水想定区域 [洪水・土砂災害ハザードマップ]
 概ね150年に1回程度起こる大雨(斐伊川流域の2日間雨量399mm、神戸川流域の2日間雨量386mm)が降ったことにより、斐伊川及び神戸川がはん濫した場合に想定される浸水の状況をシミュレーションにより求めたものを5段階の浸水深で色分けし、記載しています。なお、平成25年度斐伊川放水路事業の完成に伴う国の新たな浸水想定を反映しています。

2.中小河川等の浸水予想区域 [洪水・土砂災害ハザードマップ]
 斐伊川・神戸川以外の中小河川や内水において、1日あたり100~200mm程度の降雨により浸水深が30cm以上となる可能性がある区域について、赤斜線で表しています。

3.土砂災害特別警戒区域・警戒区域 [洪水・土砂災害ハザードマップ]
 がけ崩れや土石流などにより、住民の方の生命又は身体に危害が生ずる可能性がある危険箇所を赤色(特別警戒区域)及び茶色(警戒区域)で表しています。なお、出雲市において、土砂災害特別警戒区域は指定していませんが、危険性を周知するため、島根県による調査結果を記載しています。

4.津波浸水想定区域 [津波ハザードマップ]
 平成23年度に島根県が公表した地震被害想定調査に基づく津波浸水想定区域を記載しています。4つの想定地震により発生する津波のうち、津波による水位の上昇が最大となる値を抽出・集約した浸水範囲及び浸水深を赤黄青の3色で色分けし、表示しています。

5.避難所開設予定施設(出雲市指定の避難所) [共通]
 災害時に、避難所として開設する予定の施設を掲載し、参考として、避難所における標高を記載しています。災害の種類と状況によって開設指定する避難所は異なることもありますので、出雲市が発令する避難に関する情報に注意して、適切な避難を実施してください。

※地区別のマップのため、マップによっては上記1~4の区域表示がない場合があります。

※防災ハザードマップに記載されていない要配慮者利用施設においては、出雲市防災計画 資料編のP62~P65をご参照下さい。
http://www.city.izumo.shimane.jp/www/contents/1152584332134/files/22.pdf 
 

防災ハザードマップの配布について

 防災ハザードマップについては、平成25年3月に作成し配布しました。
 平成27年6月、市では、災害対策基本法の改正により、市民の方に分かりやすく、円滑な避難のため、避難所の見直しを行いました。このたび、見直し後の避難所を周知するとともに、的確な避難行動を促すため、洪水・土砂災害のハザードマップを改訂し、平成28年3月に改訂版を市内全戸に配布しました。
 詳しくは下記お問合せ先までお問い合わせください。

ダウンロード

 
このページの
お問い合せ先
総務部 防災安全課
電話番号:0853-21-6606
FAX番号:0853-21-6574
メールアドレス:bousai@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ