ページの先頭です。
ページの本文です。

現在位置: トップページ > 市民のくらし > 目的や内容で探す > 産業・雇用・労働・観光 > 農林水産業 >利用権設定について【農業振興課】

利用権設定について【農業振興課】

1.利用権設定とは

  農地を貸したいという農家と、農業経営規模の拡大を図りたいという認定農業者等との間に、安心して農地の貸し借りができる事業です。

2.利用権設定の種類
 (1)農地中間管理事業
   農地中間管理機構(公益財団法人しまね農業振興公社)を通じて農地貸付を行う事業
 (2)農地利用集積円滑化事業
   農地利用集積円滑化団体が仲介し農地貸付を行う事業
   ・出雲、平田、佐田、多伎、湖陵、大社地域の円滑化団体:JAしまね出雲地区本部
   ・斐川地域の円滑化団体:公益財団法人 斐川町農業公社
 (3)利用権設定等促進事業(相対)
   市が農地所有者や農業者等からの農地の貸し借りの申し出をもとに、貸し借りを成立させる事業
3.
利用権設定の時期等
  利用権設定は、毎月の農業委員会の決定を経て公告することにより権利設定が有効となります。
  毎月25日までに提出された申請書について、翌月末で公告します。
4.相談・申請書保管先
 (1)農地中間管理事業       ・・・ 市農業振興課、しまね農業振興公社
 (2)農地利用集積円滑化事業    ・・・ JAしまね各営農センター、斐川町農業公社(斐川地域のみ)
 (3)利用権設定等促進事業(相対) ・・・ 市農業振興課
             ↓ 相対の申込書はこちらからダウンロードできます

ダウンロード

このページの
お問い合せ先
農林水産部 農業振興課
電話番号:0853-21-6789
FAX番号:0853-21-6998
メールアドレス:nougyou@city.izumo.shimane.jp

ページの先頭へ