出雲健康公園 本文へジャンプ

 多目的運動場利用案内
○開館日 年中無休

○開館時間 9:00〜22:00



申請受付日
1.行政機関及び各種団体が大会及びイベントを開催する場合
 ⇒使用日の1年前の日の属する月の初日から使用を開始する日の前々日までの間
 ⇒利用の承認については2月ごろの利用調整において決定いたします。

2.上記以外の場合
 ⇒使用日の3ヶ月前の日の属する月の初日から使用を開始する前々日までの間


●利用の取り消し(キャンセル)
@使用者の責めによらない事由により使用することができなくなったとき・・・全額
A使用開始日前15日までに申し出たとき・・・全額
B使用開始日前7日までに申し出たとき・・・当該使用料の5割相当額



○利用の手引き(詳細についてはこちらをご確認ください。)


利用料金

区分・内容 種別 料金単位 使用料 備考
全面 一  般 1時間 3,000円 営利目的使用は

使用料20割

相当額を加算
高校生 1時間 2,200円
中学生以下 1時間 1,500円
半面 一  般 1時間 1,500円
高校生 1時間 1,100円
中学生以下 1時間  750円
照明 全面 1時間 5,657円
半面 1時間 2,828円


使用上の注意事項

1・使用時間は、申請時の時間を厳守し、準備・撤去も時間内で行ってください。

2.出たゴミは主催者で持ち帰ってください


3.利用中落雷等危険な予兆があった場合は、速やかに活動を中止してください。

☆使用料の減免について
ドーム及びドームの附属設備等、センター及びセンターの附属設備等、クラブハウス及びクラブハウスの附属設備等、多目的運動場及び多目的運動場の附属設備等並びに少年野球場及び少年野球場の附属設備等は次のとおり使用料を減免することができます。

@身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条に規定する身体障害者手帳の交付を受けた者、都道府県知事若しくは指定都市市長の交付する療育手帳の交付を受けた者、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条に規定する精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者又は戦傷病者特別援護法(昭和38年法律第168号)第4条に規定する戦傷病者手帳の交付を受けた者が使用する場合 当該使用料の5割相当額

A @に掲げる者が概ね過半数を占める団体が使用する場合 当該使用料の5割相当額

B @に掲げる者の福祉の向上を目的とした団体が主催する大会等に使用する場合で、同号に掲げる者が1名以上参加する場合 当該使用料の5割相当額

Cクラブハウスのトレーニングルームを使用した者が入浴施設を使用する場合 入浴施設使用料に関し100円

D市内スポーツ少年団団員及び市内総合型地域スポーツクラブ会員がクラブハウスのトレーニングルームを使用する場合 トレーニングルーム使用料の5割相当額

E前各号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認める場合 当該使用料の5割相当額の範囲内において市長がその都度定める額




   Copyright © 2015出雲健康公園All Rights Reserved